憧れの女の子との念願SEX体験談

憧れの女の子との念願SEX体験談

エッチな文字まとめ屋さん

エッチな文字まとめ屋さん >> 官能小説まとめ >> 憧れの女の子との念願SEX体験談




スペック
俺…隆太
大学3年、身長180体重66、高校まで野球やってた。

見た目はチャラいよりだが、
実際の経験は大学に入ってから今まで2年以上付き合ってる彼女が最初で、
人数は合計は4人。

ノリとか雰囲気が俳優の佐○隆太に似てると言われるから
ここでは「隆太」でいきます。すいません。

エッチした友達の女の子…和香
同じく大学3年、身長159で体重はわからない

スタイルがグラビアの井○和香もしくは原○恵?みたいな
ダイナマイトバディで聞いた所によるとFカップ。

色白で顔はそこそこかわいいが、
にかく体つきがムッチリ巨乳でニット着てるといやらしすぎる。
お姉系のOLみたいな大人っぽい服装。

<その他の登場人物>
A男…大学の友達。はっきり言ってイケメンだし、
ノリも結構いいので女の子にもてる奴。美容師系の格好してる。

B太…同じく大学の友達。イケメンという訳ではないが、
ノリがよくてB系で友達多いから普通に女の子にモテる奴だと思う。

C子…芸能人だと戸田恵里香?に似てると言われるらしく、
コンパにいた中では誰が見ても一番かわいい子だったと思う。
CanCam系の服装だった。

D恵…どちらかといえばかわいい系で、
よく言えば宮崎あおいみたいな感じの子だった。
普通に明るいし、男ウケも良さそうな感じの子だった。

なれそめから話すと、B太とC子が同じバイト先で、
二人が幹事になって先月コンパが開催された。

男3人は同じ大学のツレ、女の子3人も同じ女子大のツレで、
渋谷の多少高めの居酒屋でやる事になった。

6時45分にハチ公前で待ち合わせだった為、
俺ら3人は6時には渋谷に前ノリし、向かいのスタバで作戦会議。

時間になったからハチ公前で待っていると女の子達3人が現れた。

B太からC子の情報だけは聞いていたので、
かわいい子が来るのはわかっていたが、
とりあえず最初の印象としては3人ともかわいいと思ったし、
心の中でガッツポーズしながら、ぎこちない挨拶をかわしながら
スクランブル交差点を抜け、俺らは予約してある居酒屋に向かった。

店につき、飲み会がスタート。

俺らは一応作戦会議で考えた自己紹介をしながら場を暖め、
俺は女の子をじっくり見て、ツレ2人の出方とかも伺いながら、
どの子と仲良くなろうか考えていた。

スタートして一時間、俺は最初はC子がよかったのだが、
和香のダイナマイトバディに気づいてから火がついてしまったw

俺は根っからの巨乳好きで、
しかもほしのあきみたいなスレンダー巨乳ではなく、
井○和香や原○恵のようなダイナマイトバディに興奮する男だ。

最初にも書いたが、俺は今までそこまで経験はなく、
Cカップまでの子しかエッチした事がない。
彼女にいたってはBカップだ…涙。

とにかく俺は服に隠れた和香のダイナマイトバディを目の前に
「和香とエッチしたい…」
「和香にパイずりさせたい…」
「和香のおっぱいと腋をなめまわしたい…」
って事しか考えられなかった

一次会は結果として結構盛り上がり、二次会のカラオケに向かう。

一次会で和香ともいろいろ話す事ができた。
俺は今年の夏、サーフィンをしたと和香に話したら
和香も一回やった事があるらしく、
「難しいよね〜」などと盛り上がった。
あとは高校の時は水泳部だったらしい。

俺は和香のウエットスーツ姿や競泳水着姿を妄想してしまい、話ながら勃起してたw

話を戻して、二次会のカラオケも飲み放で大盛り上がり。
和香ともかなり仲良くなり、間接キスばんばんでお互いの酎ハイを飲み合い、
俺は心の中で「うまくいったら持ち帰えれるかも!」と何度も勃起してたw

ちなみにカラオケ中にはA男もC子といい感じになっていて、
B太は盛り上げるだけ、
D恵もたぶん本当はA男の事を気に入ってる感じに映った。

俺は自分で言うのは何だけど、和香といい感じになっていたと思う。
もちろんその時は手も繋いでないが…

そのあたりだったと思う、トイレにいったD恵が一向に帰ってこない。

そうなんです、リバースして倒れてたんですw
もうそこからは和香もC子も介抱に追われカラオケもグダグダで終わり…

とりあえず和香と連絡先だけ赤外線して、その日は解散。

A男も上機嫌、B太も無事に幹事をやりとげ、
俺も和香との今後を想像して気分最高w

その後朝まで男3人で飲みに行き、飲みながら和香とメールのやりとり。

俺は2人に「和香を狙う」と言い、了解を得て、
次は2人きりでどう会う約束をとりつけるか考えていた。

そこからの俺はまるで和香の呪いにかかったようだった…
和香からメールが来るだけで勃起してしまい、
電話でもしようもんなら会話中ずっと勃ちっぱなし…
また和香の声はトロンとしてるんだこれが…

とにかくコンパの日から、毎日毎日和香とエッチしてる妄想でヌいた。
それも1日に2度も3度も。

「正常位でバンザイさせて腋舐めやおっぱい舐めながらガンガンに突きたい…」
「あの声なら喘ぎ声もヤバイくらい興奮すんだろなあ…」
「パイずりん時おっぱいぷるんぷるんだろうなあ…」
「騎乗位であのおっぱい鷲掴みしてえ…」
「とにかく生ハメしてえ…」
「あの躰めちゃくちゃにしてえ…」

そんなことしか考えられなかった。
当然彼女となんかエッチする気にもなれず、
会っていてもほとんど上の空位の勢いだったw

俺はガソリンスタンドの夜勤でバイト、
和香は夕方から飲食店のバイトの関係で
なかなかお互いの空いている時間がなく、
ようやく今週の水曜日ならお互い夕方から空いてる為、
メシってか飲みに行く約束をとりつける事に成功した。

とにかくうまい店も知らない俺は
雑誌で調べいい感じの個室がある店を予約し、
いよいよ当日へ…

水曜日、また6時45分にハチ公前に待ち合わせ。
和香と会う。薄手のコートの下はまたしてもVのニット。

また俺の視線が和香のダイナマイトバディに行ってしまい、
危うく勃起しそうになりながらも
「久しぶり」とか普通の会話をかわしつつ予約しておいた店に入る。

個室席についてからは飲みながら
お互いの今までの恋愛についてやこれからの就活について話をしていた。

しかし俺の頭の中は和香のダイナマイトバディでいっぱいで
正直どうやって持ち帰るかしか考えてなかったw

会話も弾み酒も進み、とにかく順調。
その日は和香も会話の途中で積極的にタッチしてきたり、
俺のグラスを飲んだりとかなりノリノリ。

確実に結構好かれてるってわかってから
俺もノリノリで髪なでたり、手つないだりしてた。
とにかくこのムードのまんま運びたかったから俺は和香に聞いた。

「この後どこ行く〜?」
「どこでもいいよ」
「じゃあ…俺ん家いこ??」
「…いいよ…」

この瞬間、勝ったと思いましたw

でも次の瞬間、和香が

「えっやっぱどうしよ…いきなりだもんな…」
とか言いだし焦ったけど、また和香が

「和香、軽い訳じゃないからね…?隆太の事いいと思ってるから行くんだよ…?」

なんて言うもんだから、危うくその場で押し倒しそうになったw
けど、我慢して会計を済ませ、外に出てタクシーを拾う…

外に出て手つないで冷静な顔してタクシー拾ったけど、
もうチ○コは破裂寸前まで勃起してえらい事にw

俺の頭の中は家帰って和香とエッチする事しかなかった。

ぶっちゃけ、家まで少し距離があるんだが、
満員電車でムードが壊されたくなかったから迷わずタクシーを選んだ。

タクシーに乗り込み行き先を告げる。
そこからが凄かった…

2人とも興奮してるから走り出した瞬間からディープキスのオンパレード…
お互いの舌と唾液を何度も何度も絡ませた。

チュ〜チュ〜音も出てたし、和香の吐息まじりの声も出てた。
家につくまでの20分間運転手も気にせずにひたすらキスしてたw

そして家に到着。当然止まる訳もなく
お互い貪り合うように唾液を絡ませながら、俺は和香をベッドに押し倒す。

すぐにニットの中に手を入れてブラの上から和香のおっぱいを揉む。

今までCカップまでしか触った事のない俺にとって、
和香のおっぱいはとんでもないものだった…

そしてにブラを外し、
ニットの中に両手を入れた状態から念願のナマ乳を揉みまくる。

もう片手じゃおさまりつかないし、めちゃくちゃ柔らかいし気が狂いそうな俺…

和香からも吐息が漏れ、俺はニットをたくし上げ、
まずはお腹やヘソからゆっくりと舐めたりキスをしながら愛撫していく…

いよいよおっぱいへ…
しかしいきなり乳首にはいかずに乳輪からw

たっぷり舐め回した後、ようやく乳首を舌で包み込んだ…

「ぁんっ」て甘い喘ぎ声を出す和香…もう止まりませんw

ニットをゆっくり脱がし、
赤ん坊のように何度も何度も和香の乳首を舐めて吸い上げる。

和香からまた吐息にも似た甘い喘ぎ声が漏れる。

そして次の瞬間、和香も両手を俺のロンTの中に入れ、両方の乳首を触りだした。
手つきがエロい…

コリコリと指で俺の乳首を器用にはさんだり転がしたり…
快感と興奮がさらに増す俺。俺の愛撫も強くなる。

すると和香が口を開いた

「隆太も脱いで…?あと、恥ずかしいから、電気消して?」

電気を間接照明にし、ぼんやりと浮かぶ和香の躰を見ながら、
次はしっかり指を絡ませながら両手をつなぎ、
さらに和香のおっぱいをねっとり舐める。

和香は快感から逃げようとするが、逃がさないよう手をぎゅっとにぎり、
俺は乳首を舐め、吸い続けた。

もう我慢できない。和香をパンティ1枚にする…。
黒の下着がまたエロかった…

パンティの上からまずはおま○こにキス。
そして、右手はいよいよ和香のおま○こへ…。

和香「ねぇ、お風呂入ってからにしよ…?隆太あせりすぎだよぉ…今、和香汚いからだめだよ…」

俺の目を見つめ、和香は右手がおま○こに浸入する事を拒んだ。

俺「わかったよ。じゃあシャワー浴びてきな?」
和香「うん…。隆太、先に入ってきて…??」

シャワーを浴びながら、
もう俺は和香と2人で気持ちよくなる妄想でいっぱいだった。

身体を洗いながらチ○コはずっと勃ちっぱなし…。

そして、俺が出た後、交代で和香がシャワーを浴びる。

俺はまた部屋を間接照明にし、
ボクサーパンツのみを着用し、ベッドの中へ入る。

シャワーから和香があがってきたらいよいよ和香と念願のエッチだ…。
そう思うと我慢汁がどんどん出てくる…。

冷蔵庫からミネラル水を出し、飲んで自分を落ち着ける。

そして待つ事20分程だったろう、
シャワーを浴びた和香がドアをあけ、部屋に戻ってきた。

俺はベッドから立ち上がり和香へ近づく…。

ダイナマイトバディに俺が貸した
バスタオル1枚巻きつけただけ姿の風呂あがりの和香…

もうこれ以上我慢する必要がなかった。
俺はすぐにバスタオルを剥ぎ取り、和香をベッドに押し倒す。

キス、キス、キスの嵐…。
俺の唾液を和香に贈れば、和香も唾液を俺に贈り返してくる。
とにかく2人ともあごまで口の回りをベタベタにしながら求めあった…。

そしてまた和香のマシュマロ乳を食べる…。
俺が和香のおっぱいを攻めると負けじと超エロい手つきで俺の乳首を攻める和香…

お互いに快楽を与え続ける2人…。
俺と和香は何度も何度も体位を入れかえ、お互いの乳首を何度も何度も舐め合った。
お互い吐息にも似た喘ぎ声がでちゃいながら…。

たぶん部屋中がピンクになる程、
甘い喘ぎ声が響き、甘い空気になってたと思う。

俺「俺マジで興奮してる。和香の身体中すみずみまで舐めまわしたいからじっとしてて…?」
和香「いいよ…。でもその後隆太の事気持ちよくしてもいい…?」
俺「いいよ…。」

巨乳フェチだけでなく腋フェチな俺。
ディープキスから首すじを攻め、またおっぱいへ。
そして和香の両手を掴み、バンザイをさせる。

和香「隆太ぁ、ダメだよぉ、恥ずかしいからあんまり見ないで…?」

片手で和香の両手を掴み、バンザイ状態のままいよいよねっとりと腋を舐める…

和香「…ぁっ」
また甘い吐息の様な喘ぎ声…

目をトロンとさせ、顔を赤らめながら、
ぷるんぷるんのマシュマロ巨乳と腋を全開にさせた和香…

腋を舐める度に甘い喘ぎ声をだしながらも我慢してバンザイし続けている和香…

腋を舐める度に顔を横に向け舐めている俺の舌に自分の舌を絡ませてくる和香…

和香の身体中から出てる甘い匂い…

和香の全てが俺の五感を強烈に刺激し、
もう金玉は縮みあがり、チ○ポは血管が破裂寸前…

腋なめのあまりの興奮で俺は危うくイキそうに!!

ヤバイ!と思い、すぐに身体を起こし、
和香との肌の密着を一瞬解消し、少し気持ちを落ち着かせる…

和香「…どうしたの…??」
俺「やっべ…今興奮しすぎで何もしてないのにイキそうだったわ…w」
和香「…ばか…w」

再び和香が俺の腕を掴み抱きよせ、舌を絡めてくる…

そして俺はディープキスから首すじ、肩、二の腕、腋、肘、指、
背中、うなじ、おしり、モモウラ、膝の裏、ふくらはぎ、アキレス腱、足の指、
と全身ゆっくりと水分補給をしながら舐めたり、キスマークをつけたりした…

和香「次は和香の番〜…w隆太寝て…??」

俺は言われるままに仰向けになる。
「ぱくっ」…次の瞬間、全身に電気が走る!
俺が寝た瞬間、俺のチンチンはもう和香のあったかい口内にいた…。

びっくりした事に、和香はフェラチオがめちゃくちゃうまかった…

なんてゆーか、けっして激しいバキュームはしずに、
ゆっくりチンチンを口の奥までスロートしていき、ゆっくり舌を絡ませていった…。

その間、手は俺の太ももや玉袋へ。竿は口だけでのご奉仕…。

俺はカリがゆっくり和香の口から出そうな所で
また含まれたりする瞬間に無意識に喘ぎ声が出てしまってた…。

とにかく和香の唇と舌は俺のカリをしっかりと優しくあったかく包んでくれていた…。

このままではイクと思った俺は
舐められながらも和香のおま○こに手を伸ばした。

ようやく和香のおま○こにさわれた。
思った通り、びちょびちょに濡れていて暖かかった…。

和香のねっとりフェラは続き、
金玉も口の中で柔らかく転がされ、
俺のチンチンからは我慢汁が大量に流れ出てたと思う…。

俺も優しく、時より激しくクリを刺激し、指を出し入れし、
Gスポットを刺激したり、ピチャピチャ音を鳴らしながら丁寧に手マンをしていった…。

しかし、手マンをすればするほど和香の舌は俺の亀頭に絡みつき、
気を抜いたら暴発しそうなレベルに達していた…

俺「和香、もうやめて…」
和香「なんで…?気持ちよくなかった…??」
俺「違う、やばすぎていっちゃいそうだから…」

和香はニコッて微笑み、また唇をチンチンに近づけようとしたが、
俺は身体を抑え、和香を仰向けにし、おま○こにむしゃぶりついた…

和香「ぁんっ…、あんっ…、隆太っ…、もぅっ…だめだってばぁっ…」
甘い吐息のような和香の喘ぎ声がさらに甘くトロンとなっていった…

俺のクンニに声を押し殺しビクッビクッと身体を反応させる和香…

止まらない俺はさらに唾液を出し、
和香の愛液と絡まりおま○こはまさに洪水状態…

和香「隆太ばっかりズルいってばぁっ…」
俺「…」シカトしてクンニを続けるw
和香「もうおしまいっ…」
俺「…じゃあお互い舐め合お…」

俺が下になりシックスナインへ…

しかし、さっきの手マンと一緒で和香のおま○こを舐めれば舐める程、
和香も反応し、舌が超絡みつくフェラチオでお返しをしてくる…

俺「和香、やばいって…本当もうやめて…?」
和香「隆太がやめるならやめてあげる…ぁんっ」
俺「わかった…もう和香の中に挿れさせて…??」
和香「…うん…」

知り合ってから三週間、
毎日毎日おかずにしてた和香との念願の初エッチが現実になる…

俺は興奮のままシックスナインの状態から、
和香をもう1度ベッドにゆっくり寝かせ、
散々お互いの性器を舐め合いしゃぶりあった唇でディープキスをし、
唇を離し挿入の体制に身体をなおした。

俺のパンパンに張った亀頭を当然、生のまま和香のおま○こにあてがった…

生について和香も何も言う事なく当然のように受け入れ、
そして俺も男としての本能かのように
生のチンチンを和香のおま○こにあてがった…

そしてお互いの両手をしっかり指を絡めてつなぎ、いよいよ挿入へ…

「ニュルンッ」

和香「ぁんッ、はぁ…」
俺「ぁっ…」

まさにとろけるように俺のチンチンは和香のおま○こに吸い込まれた…

というか、また和香の膣が最高に締まりがよかった…

なんてゆーか名器とかはよくわかんなかったけど、
とにかく俺のチンチンは和香のおま○この中でとろけた…

そこからは快楽だけを求め合って2人の性器をこすり合った…

目の前で和香のマシュマロ乳が俺のピストン運動に合わせて
ぷるんぷるんと上下左右に揺れている…

俺は毎日毎日妄想してた状況が実現している喜びと
興奮でもう気が狂いそうだった…

今、ほんとうに和香と生でエッチしてる…
本当にとけちゃいそうだ…と思った。

和香「はぁんっ…はぁ…はぁ…ぁっ…ぁんっ…」

俺のピストンに合わせ甘くとろけそうに喘ぐ和香…

顔を赤らめ、恥ずかしそうに横を向きながら、
自然とバンザイに近いような感じで手があがり、
さらに和香のマシュマロ乳はぷるるんぷるるんと揺れが増していく…

たぶん正常位でおよそ3分もたってなかったと思う…

もう我慢の限界の俺は今までゆっくりしていたピストンを早め、
フィニッシュへ向かう…

俺「和香、俺もう気持ちよすぎてやべえ…イキそ…」
和香「えっ…んっ…もうイキそう…?ぁっ…まだもうちょっとがんばって…??んっ…」
俺「がんばるけどイッちゃったらごめん…」
和香「…あっ…んっ…んっ…ぁんっ…」

とにかくもうイかないようにこらえるのが精一杯だが、
快感には勝てず、さらにピストン運動を速める…

俺「やべ…和香…いくよ…?」
和香「んっ…あんっ…隆太…いける…??ぁっ…」
俺「余裕…やばすぎ…いくよ…」
和香「はぁっ…あっ…あっ…」

絶頂に達した俺は、素早く和香のおま○こからチンチンを抜き取り、
和香のお腹に大量の精子を放出した…

ぶっちゃけめちゃくちゃ出たw
とにかく、精巣に蓄えられている精子が全部でた位の勢いだった。

和香「ティッシュ〜!隆太、布団に垂れちゃうよ?!めちゃくちゃ出てる〜w」
ティッシュを和香に渡しつつ、俺も和香のお腹を拭き取る。

和香「隆太いっぱい出たねwもうちょっとがんばって欲しかったあ…でも気持ちよかったよ…?」

俺「おまえの躰ヤバすぎ…気持ちよすぎてすぐイッちゃったわ」

終わった後、寝転がり抱き合いながらしばし話しこむ。

とりあえずこれが、俺の体験談です。長々とありがとうございました。

ちなみにこの日はもちろんこれで終わる訳もなく、
この後寝るまで合計4発、朝起きた後2発しましたw

まずはこの後お風呂に入って、
ボディソープを使って人生初のパイずりをしてもらい、
立ちバックでおっぱい揉みながら生ハメ外出しで一発。

次はベッドに戻り生ハメ正常位から騎乗位でおっぱい鷲掴みして、
正常位に戻して結局盛り上がりすぎて中出し。

次はしばらく深夜番組やらDVD鑑賞中に
また俺のチンチンは復活してしまい、
中出し後のぐちゃぐちゃの和香のおま○こにまた生ハメ
騎乗位から寝バック、最後は正常位で結局2回目の中出しw

次はもういいかげん眠くなって腕まくらしながらゴロンしてたんだけど、
おっぱい揉んでるうちにまた俺が興奮してしまい、
いいかげんヤバイと思って久々にゴムをつけたけど、
お互い物足りなくて結局生ハメにしておっぱいに精子をかけて2人とも就寝。

その後、6時間位ぐっすり寝て、起きた後、
横でまだ寝てる和香のダイナマイト裸を見たら興奮してしまい、
和香を起こしながらエッチに持ち込み、生ハメ腹出し。

最後は朝メシ(ほぼ昼飯)をあるもので済ませ、
2人でシャワーを浴び、和香は帰り支度をし始めたけど、
帰したくなくて服を脱がせ最後はいとおしさなのか、
2人共盛り上がってしまい結局生ハメ中出し…w

これで和香との一晩中エッチは終わりです。

ちなみに今日、和香がまた家に来ますw

また一晩中エッチするつもりです。
てか、さっきまた和香とのエッチを思い出してヌいちゃいました…

もう彼女と別れるかもしれん…
完全に和香中毒です…

あのむっちりボディ…
マシュマロみたいなおっぱい…
吐息のような甘い喘ぎ声…
フェラのやり方…
おま○このとろけ具合…
乳首を触ってくる手つき…
甘い匂い…

俺の人生で和香を越える位、
セックスで燃えてしまう女はもう現れる気がしないわ…


遠隔調教で感じた変態プレイエピソ\ード


兄のSEXを覗きながら、彼氏とSEXした女子大生の変態エピソ\ード


出会い系で知り合った30代ド変態女とのSMプレイ体験エピソード


セフレと妹と3Pしちゃったエロ体験


自分の部屋で彼女が他の男とSEXしてた衝撃エロ体験のお話


コスプレ姿で犯された女性のエロ体験小説


憧れの先輩との筆おろしSEX体験話


とっても可愛いデリヘル嬢とのエッチ体験話


バイトの飲み会で王様ゲームをしたエッチな体験エピソ\ード


息子所属のサッカークラブのコーチと不倫関係を持った40代主婦の告白体験小説のお話


隣に住む30代の奥さんをレイプしてしまった中年会社員のアダルトな体験談を見る


早朝の駅のホームで知り合った若い女の子とのセックス体験談


30代の人妻銀行員を集団レイプしたHな体験談小説のお話


大学を卒業した娘が酔って甘えてきたのでSEXの流れになったエロ体験


人妻デリヘルを利用したら、同じマンションの住人の奥さんがやってきたエピソ\ード


自分の妹(24歳)に中出しレイプした兄のエッチ体験談


久々に再会した元彼と激しいSEXをしたアダルト官能小説を読む


姉の友達とSEX三昧体験談


狙ってた教育実習生の若い女の子とラブホでSEXした話


長い付き合いでもある義弟(主人の弟)との中出しSEX体験


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP