エロ雑誌で自分の嫁が3Pしてたのを見てオナニーした夫の変態体験談エピソード

エロ雑誌で自分の嫁が3Pしてたのを見てオナニーした夫の変態体験談エピソード

エッチな文字まとめ屋さん

エッチな文字まとめ屋さん >> 官能小説まとめ >> エロ雑誌で自分の嫁が3Pしてたのを見てオナニーした夫の変態体験談エピソード




私自身も知らなかった。

妻にそんな気持ちがあったなんて・・というか、

妻だけではなく 女性には少なからず そう言う気持ちがある様だと思う事にしてします。

最初は、なんて事は無い写真で、

もちろん被写体はどことなく固さが残っている感じ妻です。

写真の中の妻は、よそ行きの服装で多少厚めの化粧をしていて、屋外で数枚のカットだけでした。

でも、その大判に引き延ばされた写真は、

私と比べて、明らかに撮影者の腕の差を痛感させられるものでした。

私が会った事がない、その撮影者で知っているのはカメラを趣味にしている男の人だと言うことだけでした。

その人の事を、最初の頃、妻は私に話してくれたそうなのですが、

その写真を妻が自慢げに言うのを、適当に聞き流していたためはっきりと覚えていないのが真実です。

でも、妻は そんな私の態度に面白くなかったのか、

また、私が適当に相槌を打っているのを了承したと思ったのか、モデルを続けていました。

妻も私にその最初を見せただけで、特に何も言わなくなり、私もそれを忘れてしまっていたある日でした。

捜し物をするため、ゴソゴソと本棚をさぐっていると、

いつか見た妻の写真を入れていた袋が出てきました。

へぇ〜まだ残していたんだと思うと当時に、当時に比べて袋の厚みが増しているのに気がつきました。

当然、開けると当時の写真以外に、妻のモデル遍歴が判る写真が出てきました。

そこには、ポーズをつけている裸の妻が写っていて、いつもの下着を付けている姿の妻でした。

そして究極は、何も身につけず生まれたままの姿を晒している・・

いや一つ、結婚指輪だけが光っていました。

しかし、それ以外何も無い妻は、薄めの陰毛を惜しげも無くカメラに向け、

ポーズによっては、その奥の私しか知らないはずのピンク色の肉も見えています。

こんな写真・・と思うのが普通ですが、その写真を見て、

典型的な日本人体型の妻をうまくカバーし、そして

こんなにいやらしく撮ってくれるカメラマンの腕に怒りではなく感心をしてしまいました。

私の性格からして黙ったままなんて出来ず、

きわめて冷静に、こんなもの見つけちゃったけど・・と言う感じで妻の聞いて見ました。

妻は一瞬ぎくりとした感じでしたが、逆に私が綺麗だねと言ったのに気を良くしたのか、話してくれました。

いろいろな女性のヌード写真を見せられ、奥さんもどうですかと言われ、

断りきれず、つい脱いでしまった事。

撮影が終わった後、家に帰って、オナニーをしてしまった事。

そして究極は、撮影中あそこが濡れ、液体が垂れてきてしまい、

そのせいで恥ずかしくなっていたら、誰でもそうですよと言われ、

ポーズを付けたままの妻の股間をやさしくティッシュで拭き取ってくれたそうです。

ティッシュをその部分に押し当てる様にされているとき、

カメラマンの指が恥ずかしくて気持ちいい所を刺激し、

思わず声が出てしまい、もっと恥ずかしくなったそうです。

このまま、女として、男を受け入れてしまいたいと思ったのかも、

そんな妻の気持ちを示す様に、数枚の写真には、

妻の太股の内側が肌色と違った光をはなっていました。

そんな妻に意地悪な質問をしてみました。

「また撮ってもらえば?」と聞くと、「もうしない」と思った通りの答えでしたが、

「でも気持ちよかったんでしょ」と聞くと「うん」と頷いてしまいました。

「ひょっとして、やっちゃってしまったりしてね」と聞くと、

「もう撮影はしないわよ」と言う妻に対して、

「違うよ、セックスだよ」と言う私。

一瞬、何かにためらった様になり、しばらくして

「や〜よ、あんなおじさんとなんか」と。

でも私は、妻は、またその状況になるときっと、セックスまで行く予感がしています。

もう数年も前の出来事で、今は2人の子供の良き母親をしております。

写真は事情があって公開できません。

妻が一番嫌がっているようで、隠されてしまい、

じゃー、なんで撮ったんだと、妻の気持ちが計り知れません。

しかし、後から気がつくと、

妻は私に見られても良い様な写真を見つかりやすい場所においていたとしか思えません。

最初の写真を私に無視された腹いせだったように思います。

そんな事を思いながら、精一杯の過激ポーズと思われる写真があったのですが、

実際の撮影ではこれだけで済んでいるはずは無いと思ったからです。

その事が確信に変わったのは、ある投稿物雑誌(よく有る人妻物ですね)を見た時でした。

もう勘のよい人は判ったかと思いますが、人妻が掲載されているコーナーの中に、

目線が入っていましたが、この体の特徴から判る妻が掲載されていたからです。

妻の持っていた写真と部屋の様子も同じで、こっちの方は、妻が服を脱ぎだす所から始まり、

いかにもこれから性行為を行う事を想像させる構成に仕立てられています。

妻が持っていた写真のポーズの中で、妻自身が自分の乳房を持ち上げているのがあったのですが、

その雑誌には妻とは違うゴツゴツして毛深い手・指が、妻の乳房をそうしていました。

(きっとこういうふうにポーズととるんだと指導している最中だと思いたい気持ちでした)

恍惚の表情を浮かべている妻に対して、次は正常位を思わせる様に上からかぶせる様に撮った物があり、生殖活動が終わった事を示すように、仰向けにひざを立てて放心状態になっている妻がいました。

さすがに 妻の生殖器はボカシが入っていましたが、妻の股間から流れ出した精液のような物が見えます。

普段は買った事が無いこの雑誌を持ち、若い女性店員の目を気にしながらレジに持っていき購入しました。写真も興奮しましたが、その中で一番に興奮したのは、

出身:東京、〇〇子(本名を一字変えただけでした)、

23歳、結婚して1年の新婚さん、
初体験:17歳、

男性経験数:5人

“まるで処女かと思わせる様なきついアソコ、指を入れると締めつけて来る。油断して中でいってしまった・・・。最初は怒られたが、続けて3回も求められ、後は中出しを彼女も喜んでいた。旦那とは結婚後しばらくしてご無沙汰の様子(そんな事は無いはず?)

3回も求められてしまった。”

などの記事が同じく掲載され、23歳・結婚1年・・そして結婚時に非処女だった事は本当で、そうだとすると、他の今まで知らなかった妻のHな経歴に興奮させられている私でした。

事実、妻は 結構Hなタイプでしたので、撮影で股間は濡れ、それをカメラマンに拭き取られている時には、その指に感じてしまったと告白していました。

後で妻は、その指使いに しばらく遊ばれていた様で、私に同じような事を要求していました。

その雑誌、さすがにこれは妻に見せる度胸はなく、しばらく隠しておきました。が・・・

女と言うのは、カンが働くのか 男が隠している物を探し出すのがうまく、処分されてしまいました。後でそれに気がつき、妻にアソコにあった本などはどうしたのかと聞くと、

「あんなイヤラシイのは教育に良くないから捨てちゃったわよ」と

「だって、あれはお前が載っていたやつだぞ」と喉まで出かかっていた自分でした。

処分されてしまうといろいろと想像が働き、そう言えばあのポーズのフェラだったのか、

あのシーンは、妻の中に入って激しくつつかれて、喘いでいるやつだったとか、

最後の仰向けシーンには、妻の腹の上にカメラマンの出した精液が飛び散っていたはず

などと、妄想・・・事実?は広がるばかりです。

雑誌を捨てられたのは子供が生まれてからの事でしたが、それ以外にも掲載されている物が有るはずだと思っていました。とはいえ,、当時は その手の情報は雑誌やAVビデオぐらいか、コンビニあたりで見る雑誌程度でした。

ある日、会社の仲間と大きな繁華街(不夜城と呼ばれている某場所ですね)に行った時に、酔った勢いでその雑誌類が置いてある本屋に入った時の事です。申し訳程度の普通の本以外にほとんどはその手の物ばかり、ビニールが被っている高価な本が奥にある中で、やはり一番に行くのは、投稿物のコーナーでした。

数冊、パラパラとめくって、自分の妻が無いのを確認すると、

安心感と残念な気持ちが混ざった複雑な心境で次の雑誌を手に取ります。

この頃には酔った気分もどこかにすっ飛んでいて、ページの小さい写真にまで、目を血走らせて妻の写真を探している自分でした。他人には、変な趣味を持ったオタクがいると思われそうな感じでは無いかと思います。

そうして数冊の雑誌を購入し、店を出るとすぐに鞄の中にしまい込みました。

それなりに似ているんじゃないかと思った物を購入し、数日後、妻が外出している最中、専用隠し棚にしまってある雑誌を取り出し、ティッシュを用意し、見始めました。

興ざめする様な明らかなプロ女性と素人っぽい女性の痴態も混じり、

それなりのストーリー付けで左手の方も忙しくなっていました。

数ページ送って、妻に似ていると思う箇所を見ては 体型が違っているなと思い、

次に移動し, 中程の所を見た時でした。顔出しのそれは明らかに妻でした。

しかし、全然気がつかなかったのは、ショートがセミロングの髪形となり、そして、何もより、きついアイシャドーとどぎつい口紅でした。普段の姿を見慣れている私には、最初は別人かと思ってしまったしだいです。

でも、この顔は忘れもしない妻自身でしたし、次の写真からは 慣れ親しんだ妻の体そのものが掲載されていて 内容は更に過激になっています。

前の雑誌は、その行為を連想させるだけのもので、そのものずばりを載せている訳では無かったのですが、今回は明らかに男女の生殖行為そのものでした。

そんな痴態写真の中、妻自身は屈託の無い笑顔を見せていて、楽しそうにその行為を行っているように見えます。

また、クンニや挿入されて突き上げられている最中の喘いでいる顔は私も見た事がありません。(と言うか私とのセックスでは逝っていなかったのでしょう)

今回は、モザイクがなく、妻のアソコもはっきりと分かり、妻がフェラしている男の生殖器は、私以上のビックサイズな物です。

そうしているとこの間のカメラマンと違う人だと言うのに気がつきました。

妻に正常位で被いかぶさっている男は生白い肌にたるんだ腹はどう見ても若そうには見えず中年より上の感じです。

結婚したとは言え、まだ、20代前半の妻のピチピチした肌と比べると、

親子程の歳の差を感じるのですが、

フェラ中の男の肌は 浅黒く、正常位シーンの物と同じではなく、

考えられるのはもう一人いる事でした。それを裏付ける様に,

さっきから見ている妻と 男の生殖行為写真は、固定カメラのアングルではなく、

別人がカメラを持って撮影してるとしか思えないものでした。

もう お判りだと思いますが、妻は3P(♂2:♀1)をしているのです。

実は、妻自身は3Pは初めてではありません。

これもずっと後から妻が何気なく呟いた言葉に、

大学生の時に2人の男の後輩のお相手をした事があったそうです。

そんな訳で、3Pと思われるそのシーンは続き、

フェラから白い精液を妻の口の中に放出した場面と、

クンニ後か男の唾液と妻の愛液でびっしょりと濡れた妻の性器のドアップ、

おじさんが妻の中に挿入しているところ が続き、

正面を向き大きく股を広げた妻の股間に 人間椅子状態のおじさんの物が入っている場面、

妻の大きなお尻を抱えながら バックで責めたてている場面、

最後にはお決まりの、妻の膣口から大量の精液が流れ出している場面で終わっていました。

最後にいつものプロフィール欄には・・

名前:〇〇〇(完全に名前が違いました)、

21歳(サバ読んでいる)

旦那公認のモデル志願の新婚妻です。(公認なんかしていないぞ)

“いつもの様にヌードをお願いして、終わり頃、〇〇〇ちゃんがこれからどうするって、もちろん、こんなおいしそうな体を前に我慢なんかできませーん。

濡れやすい彼女は、撮影時から既にびっしょり。

クンニをすると可愛い声を上げて逝っちゃいました。

狭くて、最近遅漏気味の俺も気持ち良く中出しさせてもらった。

生は危険だね。

安全日とは言っていなかったな。

でもこれでできちゃったら、旦那の子供として育てて欲しいね。

きっと彼女は良いお母さんになるよ。”

だそうです・・・・

この雑誌、巻末にモデル募集のページがあり、男性読者向けに、奥さん・彼女のヌードを記念に撮って見ませんか?、プロが美しく撮影します・・・

だというのだが, 妻はそれに応募したのでしょうか。

別ページには、同じく公認人妻&彼女モデルが載っていて、条件にはセミヌード、ヌード、絡みOKなどの撮影条件が付けられる様に。

妻はALL、OKにしたんだろうと。

変態的なオナニーに目覚めたエロ体験


大人しい奥手な嫁が後輩に調教された話


ルームシェアしてた女子大生の穿いていたパンツの上に精子をぶちまけてしまったエッチな体験談


年下の愛人とのセックスに溺れた人妻のエッチな体験官能小説を読む


初露出でおっさんに犯されたレイプ体験談


とってもエッチな契約試験をされる女性パートたちのアダルトエピソ\ード


全く気付かなかった嫁の浮気エピソ\ード


同僚の男性から告白され、カーセックスしたエッチ体験談


友達と友達の彼氏にレイプされたエロ体験談


子持ちで可愛い若妻とのエッチ体験談


感度のいい女の子とのセックス体験小説エピソード


偶然に妻のハメ撮りDVDを発見した出来事エピソ\ード


義父なしでは生きていけない人妻の中出しエピソ\ード


職場の巨乳OLが喰われた話


外国人の可愛い女の子との最高のエッチ体験小説エピソード


ブスな女の子と浮気したアダルト体験エピソ\ード


ガードが固い職場の後輩女子とのSEXが最高だったアダルト体験官能小説を見る


営業事務の人妻社員とのエッチ体験談


駅のホームで泥酔してた30代OLをホテルへお持ち帰りしたアダルト体験談を閲覧する


彼女持ちの男が学生時代に飲み会で知り合った女の子とSEXした浮気体験談を閲覧する


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP