大学のサークル仲間の飲み会で泥酔した女友達を介抱ついでにSEXしたった体験談を見る

大学のサークル仲間の飲み会で泥酔した女友達を介抱ついでにSEXしたった体験談を見る

エッチな文字まとめ屋さん

エッチな文字まとめ屋さん >> 官能小説まとめ >> 大学のサークル仲間の飲み会で泥酔した女友達を介抱ついでにSEXしたった体験談を見る




飲み会で具合が悪い女友達を部屋で介抱した次の日に朝からSEXしたったw

俺が大学生だった頃、サークルの仲間で週に1回は集まって居酒屋や宅飲みをしていた。少し前に歌舞伎町の旧コマ劇場前で女子大生が大量泥酔した出来事が話題になったけど、うちらは健全な集まりだった。

ある日もいつも通りに夕方から飲み会が始まって、仲が良かった女友達と隣り合わせの席で飲み始めて、1時間くらいで、女友達が前日まで風邪をひいていたらしく具合が悪くなって横になった。

そんな様子を見て俺は幹事に相談して、一番家が近かった俺の部屋に連れて行って、休ませることにした。何とか女友達を部屋に連れて帰ってベッドに寝かせた。

すぐに俺はコンビニに出掛けて、スポーツドリンクを買って帰って、女友達に飲ませると寝息を立てて寝始めた。ひとまず大丈夫と一安心したら喉が渇いたので、缶ビールを飲んでいたら、そのまま横になって寝てしまった。

朝になって物音で起きてみると、女友達は回復したようで先に起きていた。シャワーを貸した後、キャミソール姿につやつやの髪が色っぽかった。思わずガン見していたらムラムラしてしまい股間がオッキし始めた。

今まで友達としてしか見えていなかったけど、急に女として意識してしまい、ストレートに股間が反応したことエッチしたいことを告げた。

そうしたら「風邪がうつっても知らないよ」と言いながらも承諾してくれて、朝からセックスしちゃった。そんな体験談。


俺が学生の頃、サークルのメンバーでよく飲みに行っていた。

皆、飲むのが好きなメンバーで、毎週必ず1回は居酒屋に行ったり、メンバーの家に酒を持ち込んでは、朝までくだらない話や真面目な話、いろいろ語り合ってた。

ある日も、いつものようにメンバーが集まって、夕方、居酒屋に集合して皆で飲むことになってた。この日は藍子と隣り合わせの席になった。藍子はサークルの女子の中でも一番仲が良かった。

ウマが合うというか、出身地が同じだったり、趣味が合ったり、共通点が多かったことで、初めて知り合ってからすぐに親しみ合えた。だが、恋愛感情のようなものは持っていなかったし、大事な人だとは思っていたけど、あくまで友達そう思っていた。

いつものようにグラスにビールを注いで乾杯。グビッと飲み干すと、藍子が「はい、どうぞ」と注いでくれた。俺も藍子が飲むのに合わせて藍子のグラスにビールを注ぎ足す。

でも、いつものような飲みっぷりではない。藍子は結構いけるクチで、いつもかなり飲むはずだった。むしろ咳き込んでて少し具合が悪そうにも見えた。

「どうした」と聞くと、2〜3日前まで風邪を引いていて、今日も風邪薬を飲んできたという。俺は「無理するなよ」とだけ言って、そのまま飲み続けた。

しかし、藍子はその後も酒が進まない。そして「気持ち悪い」と言うとそのまま横になってしまった。手に触れると冷たかった。俺は即座に、風邪薬の成分が酒に反応したのではと思ったので幹事に相談した。

その結果、居酒屋から一番近い俺のアパートで藍子を休ませることにした。結局飲み始めてから1時間経ったか経たないかぐらいで俺は帰途につくことになってしまった。

藍子は「ごめんね」と言ったが、俺は藍子に気を遣わせまいと「大丈夫だよ」と言った。肩を抱いて、歩いて5分のアパートまでの道を歩く。擦れ違う人にジロジロ見られたがどう見られてたかなんて、そのときは気にもしなかった。

ただ、藍子を連れていかなくちゃそれだけだった。相変わらず藍子は苦しそうだった。「大丈夫か」と聞くと「大丈夫」とは言うが、少し顔色も青い。何とか俺の部屋に着いて、藍子をベッドに横たわらせる。

「なんか飲み物買ってくるから」と言って俺は近くのコンビニに行った。藍子用のスポーツドリンクと、俺はまだ飲み足りなかったので缶ビールを2本買って、早足気味に部屋に戻った。

帰宅早々、藍子が「ごめんね」と言うが、俺は「気にしないで休みなよ」と言った。すると「じゃあお言葉に甘えようかな」と言って、買ってきたスポーツドリンクを少し口にして、藍子はそのまま眠ってしまった。

俺は藍子が寝たのを確認して、缶ビールを空けて飲んだ。幹事には携帯で連絡して、藍子は無事だと言ったが、一人にすることはできないので、戻れないということになった。

俺は冷凍食品を温めてつまみにし、ビールを飲んでた。ちらちらと目が藍子のほうに行ってしまう。すやすやと寝ているのを見ると、さっきまで苦しんでいたのが嘘のようだった。

それにしてもかわいらしい寝顔だなとか思いながら見つつ、ビールを飲んでた。それから21時ぐらいを過ぎてだったと思う。俺はそのまま地べたに横になった。

中途半端に飲んで、藍子を看病したりしたので疲れがドッと出た。カレンダーを見て次の日が日曜日だということを確認すると安心してそのまま寝てしまった。

目が覚めたのは翌日の9時。丸々半日寝てしまった。ベッドのほうを見ると藍子はもう目を覚ましていた。「おはよう」と言われたので、少し眠かったが「おはよう」と返した。

続けて「昨日はありがとね」と言われた。少し照れくさかったが、嬉しかった。藍子は余りありがとうを言わないので、余計にそう感じた。藍子が周りを珍しげにキョロキョロ見て「俊(俺)の部屋って初めて」と言う。

そう言えば俺の部屋に藍子が来たのはこれが初めてだった。大学では普通に会うが、互いの家に行ったことはお互いなかった。「なんか新鮮だね」「今度は藍子の部屋に遊びに行こうか」と、本当は昨日するはずだったいろいろな話をした。

藍子が「そういやこのまま寝ちゃったんだよね」と言うと「ねぇ、シャワー借りていい?」と聞いてくる。俺は少しドキッとしたが、からかっているのだろうと思いつつ、「俺がいるのにいいのか?」と言った。

すると藍子は「別にいいよ」と言った。え、これはもしやと思ったが、「のぞかないでよ」と釘を刺されてしまった。バスタオルを貸すと藍子は風呂場に行ってしまった。

もちろん俺の目は風呂場のほうばかり向いていた。のぞこうかと思ったが、さすがに釘を刺されたので、それは気が引けた。そのうち藍子が風呂場から上がってくる。

キャミソール姿につやつやの髪が色っぽかった。「そんなに見ないでよ」と言われたが、それは無理だった。それ以前に下半身が反応してしまった。見るとジーンズの股間がもこっと膨らんでいるのがわかる。

バレるのは時間の問題だったので、俺は「起っちゃった」と正直に言った。そうしたら「え、何言ってるの?」と藍子は状況がわかってないようだったので、俺は股間の膨らみを見せた。

すると「あたしを見てそうなったの?」と言ったので俺は頷いた。藍子は「あまり胸ないのに?」と言ったが、それは明らかに謙遜だった。胸部の膨らみを見ただけで83ぐらいはありそうだった。

藍子を性的な目で見るのはこのときが初めてで、2年の付き合いがあったとは言え、どうしてもそういう目では見れなかった。エロ話はたまにするが、あくまで話だけ。

でも、2人っきりという環境からか、はたまた昨日飲んだビールの影響か、その時は藍子のそういう艶かしいところばかりが際立って見えた。そして俺は藍子に「抱いていい?」と聞いた。

当然、藍子は驚いていた。まだ朝10時になるかならないかぐらいだった。「え、本当に?」と藍子は悩んでいる様子だったが、「俺が相手じゃ不満?」と聞くと「そんなことないよ。じゃ、しよっか」と言ってOKしてくれた。

「風邪うつっても知らないよ」と言いながら藍子が脱ぎだす。「そしたら藍子に看病してもらうよ」と言って俺も脱いだ。起きてすぐに開けたカーテンをもう一度閉める。ベッドには全裸になっていた藍子が待っていた。

藍子は胸がないと言っていたが、魅力的な体だった。胸だってしっかり膨らんでいるし、腰のくびれもしっかりしていて、それは、明らかに女性の体つきだった。

俺は藍子を抱いてキスをした。「キレイだよ」と言って、俺は藍子の乳首を口に含んだ。「やっ、くすぐったい」と藍子が言うが、そのまま乳首を舐めると「ああん、ああん」とかわいらしく喘いだ。

「気持ちいい?」と聞くと「くすぐったいよう」といつもと違った声色で藍子が答える。でも、くすぐったいと言う藍子を気にせず、俺は乳首を舐め続けて、その体制のまま、俺は手をマ○コに伸ばした。

既に濡れているのが丸分かりで、クリの辺りを撫でると、喘ぐ声がさらに大きくなった。膣の中に指を入れると藍子の中の温かさが伝わってきた。「うう、ああん」と藍子も感じているようだった。

俺は胸からマ○コのほうへ顔を移した。「ああ、いやっ、そこは、ああっ」と言うが、舌でクリから膣の辺りまで舐めまわすと、藍子の様子が変わった。「俊、もう、もうダメ」と言って藍子がくたっとなった。

その頃には俺のペ○スも準備ができた。俺がマ○コから口を離すと藍子もわかったのか、ペ○スを口に含んで顔を上下に動かす藍子。舌の動かし方が絶妙でこれまでフェラしてもらった女性の中で間違いなく一番上手だった。

充分にフェラを堪能したところで、俺は藍子を制し、いくよと伝える。不思議な感じだ。これまでずっと友達だと思ってた藍子とこんな関係になるとは考えもしなかった。

でも、もう俺の中では藍子を心から求めていた。友情は愛情へと変わっていた。藍子を仰向けにするとマ○コにペ○スをあてがう。「変な感じだね」と藍子も似たようなことを考えていた。

「でも、俺は藍子がずっと好きだったよ」この言葉に嘘はなかった。違うのは友情か愛情かだけだ。俺は藍子のマ○コを貫いた。ペ○スが藍子の温かい襞に包まれる。

「ううん、入ってるよお」腰を全部入れると藍子も体をクーっとそらす。中は入っているだけでとろけてしまいそうだった。

「藍子の中、あったかいよ」
「俊、気持ちいいの?」
「うん、すごく気持ちいい」
「あたしたち、体の相性いいんじゃない?」
「そうだといいね」

そんな事を言って笑いつつ、腰を動かす。ピストン運動をすると、その一突きが藍子に声を出させる。

「あっ、いい、いいよ、俊」
「藍子、もうイきそうだよ」
「イって、イっちゃってぇ」

俺は最後の力を振り絞ってピストン運動に力を入れる。

「藍子、イク、イクよ!」
「俊、好きぃ、イってぇ!」

俺がペ○スを抜くと藍子に精液がかかる。そのほとばしりは顔にまで届いた。俺はそのまま藍子の横に寄り添った。ティッシュで藍子の顔を拭くと藍子が微笑む。

「もうあたし達友達以上だよね」
「そうだね」

もともと藍子が大切な人であるのには変わりなかったし、その事実を受け入れるのに戸惑いはちっともなかった。そう言って俺たちはキスをした。

その後、昼になったので、2人でラーメンを作った。食べ終わって「今夜、2人で飲もうよ」と藍子が言った。確かに俺も藍子も昨日は中途半端にしか飲めなかった。

「じゃあ、飲むか」と俺と藍子は近くのコンビニに買出しに行く。ビールにチューハイ、つまみと買って、会計に行こうかと思ったとき、藍子が買い物かごに何か入れた。

「今夜もするんでしょ」と言って中に入れたのはコンドームだった。ちょっと笑ってしまったが、ちゃっかりした彼女だと思った。

後日談と言うか、交際は今も続いてます。

SEXした事務の可愛い20代の子が処女だったアダルトなエピソードエピソード


ネットで知り合った研究員女性とのエッチな出会い体験談を閲覧する


久方ぶりのSEX(相手は元彼)でパンティの中がびしょ濡れになった浮気エッチ体験


泥酔した後輩の女の子を中出しレイプしたお話


酒の勢いで既婚美人の寝取りに成功したアダルト告白体験を読む


凄い風俗店があると言う事でドイツへ行ってきたエロ体験談


彼氏持ちである同じ職場の女の子とセフレになったH体験談


レイプされながらも感じてしまった淫乱人妻のエッチ体験談


兄の嫁のオナニー現場を目撃した時のお話


Hな夫婦仲間と浜辺で王様ゲームをしたエピソ\ード


通勤電車の中で痴漢に潮を吹かされた話


甥っ子とつい浮気をしてしまった人妻のエッチな体験小説


スタイル抜群の美人妻がAV勧誘された時のエピソ\ード


サイトで知り合った男慣れしてない20代巨乳の色白美女とのラブホH体験談を見る


出張先で新人のソ\ープ嬢とエッチした話


彼氏持ちの女性が風俗嬢として他の男性とHする話


大学生の時、隣人の可愛い奥さんに筆おろししてもらい、セフレになった話


レイプ感覚でSEXしないと感じない人妻とのエッチ体験談を閲覧する


SNSで知り合った20歳の若妻とのエッチ体験談小説


別の場所で見かけた美人女性と風俗店で遭遇したエッチ体験談


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP