知人夫婦との朝までスワッピング3Pエロ告白体験談

知人夫婦との朝までスワッピング3Pエロ告白体験談 エッチな文字まとめ屋さん


官能小説やエッチな体験談をまとめたエロ文章ブログ


エッチな文字まとめ屋さん --> 知人夫婦との朝までスワッピング3Pエロ告白体験談





記事No.1800:日付(2017-05-28)
カテゴリ:官能小説/H体験談

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

僕達は30代前半の夫婦です。
結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。
その日、嫁さん(H)が学生時代からの付き合いだった女友達(A)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。お酒を飲んで4人とも程よく酔っ払っていた時にこれまでに一番すごかった性体験を語り合う事になった。

じゃんけんの結果、最初にHが話す事に。これまで僕自身あまりHの過去の話は聞いておらずかなりどきどきしていた。内容は以下だった。

大学時代、当時付き合っていた彼氏とある日ふたりで彼の家で夜を過ごしていたら、彼氏の先輩がふと遊びに来た。
先輩は既に酔っていたので早々にいびきをかいて寝始めてしまった。

私達はその頃忙しくてなかなか会えなかったので久しぶりのエッチを楽しむ予定だったから、先輩が寝ている横でエッチを始めてしまった。
そしたら私達二人の声が漏れていたのか先輩が起きてしまい、「俺も参加させてくれ」と言う。

もうエッチな気分でいっぱいになっていた彼氏は「Hしだいだ」と言う。実は当時の彼氏と付き合う前に私はその先輩が好きだった事もありOKをしてしまい3Pをする事に。

彼氏以外の人、しかも自分が好きだった先輩にあそこを舐められて気持ちよくなっている所を彼氏に見られるのは、少し罪悪感があったけどすごく気持ちよかった。

しかもその彼氏も夢中で私のおっぱいを舐めていた。
二つの舌が違う所で同時に私を気持ちよくするなんて最高だったし、気持ちよくて頭の中は真っ白だった。

それにおちんちんが2本あってどっちも大きく固くなってて夢中で気持ちよくもさせてあげた。

という体験談だった。

僕はその内容にかなり興奮してしまい、既にあそこはかちんかちんになっていた。
よく見ればHは、過去の気持ちよかった事を思い出してすでに自分のズボンの上から右手があそこに伸びていたのだ。

そこで僕は「少し気持ちよくしてあげる」と言い、彼女のおっぱいを触り始めた所、吐息が漏れ出したのだった。

その時、Hの友達夫婦も既に寄り添って二人でキスをしつつ、おっぱいを触っていたのだった。なので僕らはそのままエッチを始めてしまった。

Hは予想通り既にかなり濡れており、僕の右手を自分のあそこに誘導してくるのだ。
僕はHを下着だけにさせ、A夫婦によく見えるようにHを四つん這いにさせ、Hのあそこを触り始めた。

そのHの姿がとてもエッチであった事は間違いなく、A夫婦もエッチをしながらしばしばHの様子をちらちらと見ていた。

Hは、どうやらAの旦那さんと目があう時、更なる快感を感じているようだった。
そこで僕はHに「また3Pをしてみたい?」と聞くと、気持ちよくなりながら目を輝かせて「うん、してみたい。」と…。

それでAの旦那さんが参戦することに。Hはそれまで僕が聞いた事のないようなよがり声をだして気持ちよくなっていたのだった。

あそこをAの旦那さんに舐められたり、指を入れられたりしてかなり気持ちいいらしく、何度となくHは「ごめんね。でも気持ちいいの。上も下も気持ちいいわ。」と甘えた声で言うのであった。

僕はそれに興奮して、必死にHのおっぱいを舐めた。
そしていよいよ、Aの旦那さんがHのあそこにおちんちんを挿入した時、Hは全身を伸ばして、手も上に伸ばして至福の表情をしていた。

僕はそのHを見てHの顔の前で自分のおちんちんを必死にしごいてしまった。
するとHとは別の喘ぎ声が聞こえてきた。そう、Aがオナニーをしていたのだ。

AもHと同じぐらいスタイルがよく、おっぱいも大きく、僕は夢中でくらいついてしまった。
そして既にびしょびしょになったあそこに指を入れると、腰をぐいぐいと動かし始めた。

それを見ていたAの旦那さんとHは、より一層激しいセックスをしていた。
そして、Hが上になり、騎乗位となって激しく下から突かれている時、Hが僕を呼んだ。

「私におちんちんを咥えさせて」。Aの旦那さんにまたがり、下から突かれながら、立っている僕のおちんちんを舐める。そう、彼女はこの状態が今までで一番すごかったエッチだったというのだ。

その後、HとAの旦那さんは逝ってしまったので、僕はAと夢中でセックスをした。
そばで二人が鑑賞してい。Hが言うように僕も見られる事に興奮を覚え、HとAの顔を代わる代わる見ながらAを激しく突いた。

するとHはオナニーを始めるではないか。無理もない。自分の旦那が他の女性とのセックス中なのだから。

Aの旦那さんも、二人の女性のいやらしい姿を見ながらまた大きくしていた。
だから旦那を手招きし、2人でAとの3Pを楽しんだ。

その後、朝までスワップ、3P、4Pを続けたのは言うまでもない。
その後はA夫婦と月に1度程度、エッチを楽しんでいる。これが僕達夫婦にいいように作用しているから不思議だ。

タグ:3P/人妻/スワッピング/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:巨乳な処女OLとの強制中出しエッチ話



続きを見る

記事名:ヤリマンなOLに筆おろしされた童貞のエロ体験小説



続きを見る

記事名:豊満ぽっちゃりな人妻と中出しセックス不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:好きな子が他の男にフェラチオしてたエロ話



続きを見る

記事名:色っぽい美人兄嫁との浮気エッチ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エッチな文字まとめ屋さん --> 同じサークルの男性に朝方まで犯された女性のレイプ小説