田舎の美人妻に童貞卒業してもらったエロ小説

田舎の美人妻に童貞卒業してもらったエロ小説 エッチな文字まとめ屋さん


官能小説やエッチな体験談をまとめたエロ文章ブログ


エッチな文字まとめ屋さん --> 田舎の美人妻に童貞卒業してもらったエロ小説





記事No.1379:日付(2016-08-19)
カテゴリ:官能小説/H体験談

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

私の初体験は、縁も由もない農家の主婦です。
農学部だった僕は、大学生の時に、農業研修でとある地方の田舎に一週間の研修に行きました。ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学校の子供がいた。息子さんのお嫁さんのFさんは、歳は38歳でショートヘアの垂れ目で、茶髪のムッチリしたグラマラスな可愛い人妻でした。

丁度若妻と呼ばれる年代からおばさんって年代にイク間際という感じで、熟れる寸前の熟女といった感じの奥さんでした。
ちょっと派手な感じもしましたが、見た目とは別に優しかったし、無防備というかタンクトップとか着てたんですが、ゆるゆるの胸元から谷間がくっきり拝めたり。

田んぼやら、畑仕事をしながら一週間。
確かあれは最終日の前の日でした。

夕方買い物に行く事になり、昼寝をしていた子供はおじいさんとおばあさんに任せ、旦那さんも盆踊りの準備に行ってたので、Fさんと2人で隣町に買い物に行く事に。
山道を車で走り、市街地で買い物をして帰りました。

「助かるわぁ、ありがとう」と言われ、Fさんと車で走りました。
辺りが薄暗くなり、山道を帰りましたが、何か道が違う気が、でも迷うような道でもないし、気になる事でもなかったんですが、明らかに違う山道を上がる。

「奥さん?道間違えたんですか?」と聞いたら、
「フフッ、夜景が見える場所があるのよ。まだ暗くはないけど景色がいいから見にいこう?」
そして車は山頂にある駐車場に。

確かに一望でき、隣町の明かりも見える場所でした。
景色が綺麗で見てたら、

「紀之くんは彼女はいるの?」と聞かれ、居ないと答たら、
「モテそうだし、二十歳だと遊びまくってるのかしら?」と聞かれ、
「そんな事は無いですから!」と話した。

そんな話をしながら人妻のFさんは運転席のシートを少し倒して横になる。
そして、
「ねぇ、研修で思い出は出来た?」と聞かれ、
「田んぼとか、色々」と話すと、
「そっかぁ~でももう少しさぁ」と話すと、
「私なんかはもう○○君からしたらおばさんの部類だよね?」と聞かれ、
「いや、綺麗だし年齢とかはあんまり気にならないですよ?」と話すと、
「嬉しい!」と笑い、彼女は隣に座る俺の腕を取り、握りました。
そして起き上がり、

「○○くんて凄くタイプなの」とキスされた。
驚きながらもFさんは俺のてを胸に導き、
「触って」と。

柔らかでかなりおっきいし、思わず触りまくって彼女はいつの間にか股間を触って来てました。
「若いから元気なのね?」と笑い、チャックの中に。
絶妙な触り方で、勃起させられ、彼女はスルッと俺のを引きずり出した。

「やだぁ!凄く反ってるぅ」と言うと、
「若いとこんなに上を向くのね」と笑い、ゆっくり口の中に舌先て丁寧に舐めてくれて吸い付かれました。

声を上げると、
「可愛いね」と笑い、Fさんは俺のを舐めてくれました。
「欲しくなっちゃった」と言われ、彼女は、
「ちょっと待って」と後ろに行き、シートを倒すとフラットになりました。

そして布団があり、
「この間遠出した時に車で寝たからちょうどよかったわ」と敷いて、
「来て」と。

後部に行き、Fさんとキスをしてお互い脱ぎ捨て、俺はFさんの少し垂れ気味の巨乳にしゃぶりつきカーセックスすることに。
田舎の主婦とこんな嬉しいハプニングが起こるとは最初は思いもしませんでした。

「ンッンッ」と吐息を漏らすFさんが、
「入れてよぉ」と催促してきて、スカートを脱ぎ、パンティを脱ぐと足を開いた。

挿入しようとしたが入らず焦ると、
「初めてじゃないよね?」と聞かれ、
「それが」と話すと、Fさんがビックリし、
「嘘?ほんとに?」と。

童貞だと告白するのが恥ずかしかったが、Fさんは優しくて、
「それなら早く言ってよぉ、でも私みたいなおばさんが初めててでもいいの?」と聞かれ、
「勿論」と話すと、
「嬉しい」と抱き締められ、寝かされるとキスをされ再びフェラをしてくれた。

そして上から中に入ると、
「凄いわぁ!壊れそう」とFさんが声をあげ、ぬるぬるとした沼に入りました。

そして上下に淫らに腰を動かし俺のを何度も出し入れし、
「アン!いいわぁ!」と大声をあげていた。
車はギシギシ揺れて、周りにいたら相当ばれる位の声をあげるFさんのオッパイを鷲掴みしていた。

けど恥ずかしかったが、数分で気持ちよくなってしまい、
「もう少し待って!」とFさんに止められたが、上り詰めてきたものは止まらず、下からFさんに射精して、無事素敵なスタイル抜群の人妻に筆おろしされてしまったんです。

「すんごい出てるぅ!」とFさんが上から俺に倒れ込むとキスをされ、首筋辺りまで舐め回され抱き締められた。

「気持ち良かった?」と聞かれ、
「凄く気持ち良かった」と言うと、
「あたしも硬くて凄く良かった」と。

しばらく抱き合い、お互い横たわりながら汗だくで休みました。
10分位してFさんが俺のを触りだし、膨張して来ると、

「もう1回しよっか?」とFさんが誘ってきて、今度はFさんを寝かせて1回したからか緊張がほぐれて、すんなり入りヌメヌメした中に突き入れ、今度はFさんもイク事が出来たみたいで、2度目の射精をFさんに果たしました。

時計を見たら19時になりかけてて、お互い着替えて車で帰りました。
何事もなかったように荷物を運び、夕飯を食べて盆踊りを子供と見に行きました。

帰ると、子供たちはお風呂に入り眠った後にまだ旦那さんと知り合いが飲みに来て、交ざってたら料理が来て、アスパラにマヨネーズを付けて食べたんですが、Fさんが食べると、

「ありゃぁ!Fちゃん食べ方がエロいな」と知り合いの方が話すと、まるで疑似フェアするような感じでFさんはふざけてた。

「俺のアスパラも頼む」と冗談で話すと、
「え~っ?元気がないのは要らないわぁ?」とFさん。
「俺だってまだまだ」と馬鹿話をすると、
「元気な硬いのなら一杯欲しいわ」とFさんが話すと、
「旦那かぁ?アチいなぁ」と話す酔っぱらいに、
「この人も最近は元気ないし」とFさんが話すと、
「○○くんアブねぇぞ!おめぇのアスパラ狙ってんだ」と酔っぱらいが話し、笑って過ごした。

田舎って性に対してかなりオープンなのか、その日の宴会はかなりきわどい下ネタが飛びっかっていました。

そして、翌日の帰りに地元の駅まで送ってもらいました。
「ありがとうね!色々楽しかったわ」とFさんに言われた。

あれから10年以上経過し仕事ですぐ近くまで行く事があったが、Fさんも50歳、俺も30を過ぎてたし、昔の思い出はそのままにしておいた方がいいと立ち寄らず帰りました。

タグ:美人妻/童貞/セックス/不倫/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:人違いした人妻とセックス浮気エロ体験小説



続きを見る

記事名:エッチにハマった淫乱人妻の4P乱交セックス体験談



続きを見る

記事名:4Pを経験した童貞の温泉エロ体験小説



続きを見る

記事名:母親に欲情した息子の近親相姦エッチ告白話



続きを見る

記事名:再会したお淑やかな元カノとのエロ告白体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エッチな文字まとめ屋さん --> 女性社員の気持ちよすぎるフェラチオ体験談